無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013.03.27

海の森植樹イベント

3月24日(日)海の森にて(株)ローソンの皆さまと植樹をしてきました。

海の森はもともとゴミの埋め立て地なので、皆さまの力を借りて森を作っています。


午前中は、参加者115人で約2000本もの苗を植樹しました。

Dsc00426




小さなお子さんも大人の力を借りながら一生懸命活動に参加してくれました。


Dsc00428


皆さまが植樹した木々は大きくなって、海の森の一部になっています。
今回植えた苗たちも立派に育ってくれるといいですね。


たくさんのご参加、ありがとうございました!

2013.03.25

聚レター124号を発行しました。

樹木・環境ネットワーク協会では、年4回、「聚レター」という会報誌を発行しています。

「聚:しゅう」は樹木・環境ネットワーク協会の愛称です。

3月21日に124号を発行し、会員の皆さんに郵送いたしました。

Dsc05467

表紙はふきのとうのイラストです。かわいいですね。

124号の内容をご紹介します。

p2-3 この人に聞きたい!

今回、お話をうかがったのは、グリーンセイバーマスターの

木田祐二さん、真由美さんご夫妻。

カメラマンと会社員という、まったく接点のなかったおふたりを

結びつけたのは、グリーンセイバー検定でした。

p4-5 活動報告 二宮・竹の里フィールド

竹の子祭り、みかん狩り、流しそうめんなど、

おいしそうなイベントがいっぱいの二宮・竹の里フィールド

神奈川近辺にお住まいの方は、ぜひ一度ご参加ください。

p6   グリーンセイバー企画シリーズ活動報告

「東京の里山歩き」「自然と歴史を感じる秋の小石川植物園」など、

タイトルを聞いただけで行ってみたいなと思わせる

これからはじめる自然観察シリーズ」と、

スキルアップのための「自然と親しむ講座シリーズ」。

有志で始めたグリーンセイバー企画シリーズは、参加者の評判も上々です。

p7-10 特集「グリーンセイバー検定について、ご意見をお聞かせください」

3名のグリーンセイバーの方に、検定についてお話を伺いました。

これまでの取材は活動内容についてのお話が主で、

検定そのものについてこれほど長時間伺ったのは初めて。

とても有意義な取材になりました。

p11   法人会員紹介 前田建設工業株式会社

福岡ドーム、東京湾横断道路の海ほたるパーキングエリアなど、

誰もが知っている建造物をはじめ、数多くの建設・土木事業をつくられた

前田建設工業株式会社さんも、当協会の法人会員です。

建設事業において環境に配慮するだけでなく、環境絵本の制作など、

事業外の環境活動にも取り組まれています。

p12‐13  NEWS&TOPICS

1、2月に開催されたさえずり館での企画展示の模様と、

グリーンセイバー企画シリーズについてお知らせしています。

編集後記に、スタッフについてのお知らせがあります。

p14‐15  スケジュール

4月~6月の各フィールドでの活動と、イベントのスケジュールをまとめました。

興味があるイベントや活動を探して、ぜひご参加ください。

聚レター124号は、有楽町の丸の内さえずり館にも、

配布用に30部ほど置かせていただきました。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひお手にとってご覧ください。

グリーンセイバーガイダンスを開催しました。

3月24日(日)、国立オリンピック記念青少年総合センターで

グリーンセイバー資格検定 についてご紹介する無料セミナー、

「グリーンセイバーガイダンス」を開催しました。

Dsc05428_2

長時間にわたって熱心に聞いてくださった参加者の皆さん、

ありがとうございました。

グリーンセイバーについて、わからないことがありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

2013.03.15

さえずり館企画展示、こぼれ話

丸の内さえずり館で2月27日まで開催された

企画展示「暮らしの中で、自然とつながる99の方法」では、

たくさんの方に展示物やアイデアを提供していただきました。

そのひとつが、通路に面したスペースに設置された竹の照明。

カットした竹を組み合わせたオブジェの隙間から灯りがこぼれる姿は

かぐや姫のようと、来場者にも好評でした。


Dsc05238_2


これは、東京デザイン専門学校インテリアデザイン科の上原 駿さんの作品。

「エコプロダクツ2012」で展示されていたもので、

スタッフがほれ込んで、ぜひ展示させてくださいとお願いしました。

東京デザイン専門学校のHPでも紹介していただきました。

東京デザイン専門学校 学園ニュース


どんどん伸びる竹の活用は当協会でもテーマのひとつで、

神奈川県の二宮・竹の里フィールドでは、竹の繊維を使った竹紙を作成しています。

こんな交流から、新しい作品が生まれるかもしれませんね。

 

2013.03.12

GS講座「マスコミが注目するイベント~実例から学ぶ広報のコツ」報告

3月9日(土)、グリーンセイバーのための広報講座を開催しました。

講師は、東京新聞技術委員でグリーンセイバーマスターの内田眞一郎さん。

観察会やイベントを開催する時に、新聞などのマスコミで告知をしてもらったり、

記事にしてもらったりするにはどうしたらいいか、がメインテーマです。

担当者が記事にしたくなるイベントのポイント、資料のつくり方などを、

具体的な例をあげて教えていただきました。

P1010808

内田さんは、長年、記者として活躍してこられた方なので、

報道現場のリアルなエピソードやスクープの裏話なども飛び出して、

参加者も興味しんしん。

あっというまの2時間で、ぜひ第二弾を!とお願いして終了しました。

興味のある方は、ぜひ次の機会にご参加ください。

セミナーやイベントの告知は、ホームページで随時告知しています。

ホームページ:http://www.shu.or.jp/

2013.03.08

中学校の卒業実習!?

3月7日(木)今回は、多摩動物公園で行っている里山体験。

今回参加してくれたのは、2年前に里山体験に参加してくれた中学3年の生徒たち。

晴れて卒業を迎え、最後の思い出に里山にきてくれました。
今回の作業は、

恒例の笹刈り、新企画のどんぐり畑づくり、間伐材を使ったコースター作り、

そしてライオンバス4つに分かれて活動しました。

Dsc00344

笹刈りは、里山には欠かせない作業。

みんな慣れた手つきで、世間話もしながら楽しく作業してくれました。

斜面での作業で疲れた様子もありましたが、

あっという間に日差しが差し込んできれいになりました。

また、卒業しても作業しにきたい!と言ってくれる子もいました。

Dsc00284

どんぐり畑では、ライオンの森で拾ったたくさんのどんぐりを植えるために

スコップをもってふかふかの畑を作りました。

元気いっぱいの子どもたちによって、予想より作業がはかどり

たくさんの畑ができました。

Dsc00245


間伐材を使ったコースター作りは、生木を使った丸太ぎりも行いました。

のこぎりを使うのは久しぶりだったようで

手こずっている子、

薄く切るのに夢中な子、様々な子がいました。

コースターは乾いた輪切りを使ったために、

生木と乾燥材の違いを実際に触って感じてくれました。

Dsc00195

ご存知の通りのライオンバス!

世界で初のライオンバスを導入したのが多摩動物公園なんですよ!

間近で見るライオンの迫力は格別!!

みんな興奮してました。


里山体験をしていると動物園だったことを忘れてしまいがちですが、

さすが多摩動物公園ですね!!





今回、事前授業と2回の実習、そして今回の実習を通して里山体験をしてくれた子どもたち。


卒業しても、どこかで里山実習を思い出して環境について考えてもらえたら嬉しいです。

樹木・環境ネットワーク協会では、中学校での総合学習の時間をつかった、

環境学習もお手伝いしています。

興味のある方は、是非お問い合わせください。

ホームページ:http://www.shu.or.jp/

自然探偵団&エコ・クッキングランチ

3/2 東京ガス様 と協働したイベント

親子環境講座「自然探偵団&エコ・クッキングランチin日比谷公園&皇居外苑」

を行いました。


続きを読む "自然探偵団&エコ・クッキングランチ" »

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »