無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.30

自然と親しむ講座シリーズ観察 「女子のための山歩き講座~高水三山を行く」

自然と親しむ講座シリーズ、第二回目は女子のための山歩き講座でした。


JR
青梅線軍畑駅→高水山→岩茸石山
→惣岳山→

JR青梅線御嶽駅という初心者向けコースで、

山歩きの基本を学ぼうというものです。


ちなみに今日のブログ担当は、


樹木・環境ネットワーク協会でOJTをしている塚原といいます。

登山初心者の私も、この講座に参加者として出席してきました。


当日は突き抜けるような青空が広がり

絶好のお天気に恵まれました。

GW中
ということもあり他の登山客も多く、

集合場所の軍畑駅は大変なにぎわいです。



大学生からお祖母ちゃん世代までの参加者が8名と、

ベテラン講師2名の計10名での登山です。

何十年ぶりの登山、遠足程度でしか登ったことはない、

定期的に登山している、などなど、

経験も体力も様々な人が集まりました。



01


始めに皆でストレッチをし、体をほぐしてから出発。

30
分ほど舗装道路を歩いて登山口に到着。

ここで登山のマナー、装備、水分の取り方、歩き方等を教わり、

少し休憩をしてから入山しました。


登山は、同じペースで歩き続けることが大事です。

10
人のパーティでも体力がバラバラなので、ゆっくり歩いて行きました。

沢山の人が爽やかな挨拶をして後ろから追い越していきます。

挨拶は登山の基本マナーですね。

私たちも笑顔で挨拶をして歩いていきます。

02



登山道入り口から高水山までは、

今日のコースで一番急な登りです。

日陰の涼しい植林地、日差しが眩しい伐採地などで

少しずつ異なる植生を見て、花の名前を覚えていきました。

伐採した後の日当たりのいい場所に沢山生えていたのは

ニガイチゴとタケニグサ。

暗い所にはフモトスミレや
ミヤマスミレが沢山咲いています。



皆さんからも、目新しい花を見つけては、

「これは何の花ですか?」と、

講師の中西さんに質問が殺到しました。




03


おしゃべりをしたり花を見たりして楽しんでいるうちに

急な登りも終わり、高水山山頂(759M)に到着。




一時間よく歩きました。



女子登山ならではの楽しみに休憩中に回ってくる

沢山のおすそわけがあります(笑)。

休憩の度に飴やクッキーや、色んなものを交換しました。

まるで皆さん四次元ポケットでもついているかのように

出てくる出てくる…!

 

標高が変わってきたので他にも色々な植物が

みられるようになってきました。

タチツボスミレ、ミヤマカタバミ、マムシグサ、

アセビ、ツクバネソウなどなど。



なだらかな尾根道や少しのアップダウンを繰り返し、

三山で最も標高の高い岩茸石山の頂上(793M)に到着。

見晴らしが素晴らしいです。

周辺一帯が載っている地図で山の名前を確認したりして、

奥武蔵の山々を眺めました。




そしてここでランチタイム。ちょうど12:30位です。


講師の高橋さんが笹の葉茶を入れてくれました。

もちろん他にも沢山のおすそわけが(笑)。

運動した後に食べるご飯は格別に美味しく感じました。

04at




しっかり休憩し、

各自ストレッチをしてから
惣岳山へ向けて出発。



満腹だと注意力が散漫になってきますが

下り道は危険なので気を引き締めます。


急な登りを迂回したので1時間ほどかけて

惣岳山山頂(756M
)に到着。

惣岳山山頂は日陰が涼しく、ゆっくり休憩出来ました。


05


あとはひたすら下るだけ。

ですがこの下りがなかなか急で

今日一番の体力消耗ポイントを迎えます。



疲れがピークに達し、滑りそうな足元に気を配り、

見晴らしも悪いのでとにかくおしゃべりをしながら

一生懸命歩きました。



途中オオツクバネウツギを発見。

最後にツルニチニチソウ(外来種)を見つけたところで

日常に戻ったことを実感し、無事下山。




06


御嶽駅でまたおやつを配りあって

16:30頃に解散しました。



あっという間の7
時間でしたが

とても充実した一日となりました。

帰ってからのお風呂とビールが

最高だったのは言うまでもないですね(笑)。

皆さんお疲れさまでした! 

(塚原)

これからはじめる自然観察 春の里山編 ~「春」をたずねて里山歩き

4月13日(土)、ぽかぽか陽気に恵まれて

「寺家ふるさと村」から
「三輪さとやま」まで、

13
人の参加者と春の花、新緑の樹々を楽しみました。



「これからはじめる自然観察」は、

自然に興味はあるけれど、
きっかけ がなくて……

という大人の方に、
気軽に自然に親しんでもらうための観察会。

今年のはじめは「春の里山」編でした。


スタートは、渋谷から東急・田園都市線の急行で
26分、

青葉台
からバスで15分くらい、

都心から一時間足らず行ける、身近な里
山「寺家ふるさと村」です。

Imgp8120

まず、横浜市の施設、「四季の家」に集まり、

中にある立体地形図でこ
れから歩くコースを確認、

トイレをすませて、
「寺家ふるさと村」を取り巻く

小山の樹々を眺めました。



俳句では「山笑う」という春の季語があります。

新緑がいっせいに芽生
え、うす緑色から黄緑、

わずかに桃色や黄色みがかった緑
……と、

寺家
の田んぼを取り巻く林は、

ほんとうに笑っているようにみえました。


ここで一つ、問題が出されます。

いま、ここで見る山は「笑っている」ように見えますが、

春の山がみんな笑って見えるワケではありません。

この反対の森はどんな森でしょうか? 


参加者の一人、この「寺家ふるさと村」、

そして隣り合う「三輪さとやま」の森の保守・管理の

ボランティアをしている広瀬さんが答えます。

「関東南部、この辺の森は、放っておくとシイやシラカシなどの

常緑樹ばかりになって、アズマネザサがはびこり、

つる草が絡まって、暗くて気味の悪い森になってしまいます」と。


「寺家ふるさと村」から見た森が笑って見えるのは、

このように森を守る人たちがボランティアで

働いているからだったのですね。



田んぼ沿いの道。

いまは水を落としていますが、

何やら懐かしい思いのする光景。

私たち、農耕民族のDNAが騒ぎます。

ここにも、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウなどの

春の花が咲いています。


田んぼは草刈りをしたばかり。

それまで田んぼ全体を白い花で覆っていた

タネツケバナは見えなくなり、

緑肥にするために栽培されている

レン
ゲの花で紫色に見える一画がありました。

Imgp8126


田んぼの反対側は、丘に続く斜面です。ここにはタチツボスミレ、

ムラサキケマンなどという野草が、そこここに咲いていました。

Imgp8110_2   ←ムラサキケマン




第一のポイント。春の妖精といわれる植物群のひとつ、

イチリンソウが一面に。
まだ五分咲き程度ですが、

白くて大きな花(花に見えるのは実は
「がく」)なので、とても印象的でした。

Imgp8114_2             Imgp8129_2
イチリンソウ                           ニリンソウ

ニリンソウはまだ二分咲きくらい。

「花の盛りにもう一度、来てみたい」と、参加者の声。

花の谷戸を出ると、ぽかぽかの陽気のもと、

成虫のまま冬を越すテングチョウがひらひらと舞っていました。



Imgp8118_2

「三輪さとやま」に入るには、水車の横の山道を入って行きます。

にはタマノカンアオイが葉っぱを広げ、その葉をめくると、

渋い茶色の
花が咲いていました。
                                                                                         タマノカンアオイ↑
                                      
Imgp8150


参加した女性が、とても小さなユリ、チゴユリの花が咲いているのを見つけて、

教えてくれました。尾根道には、その他、ツリバナ、ウワミズ
ザクラなどの花が咲き、

ヤブレガサが葉を広げていました。




階段の道を降りきると、そこは「三輪さとやま」です。

もうお昼を回っ
ていたので、間伐で切った木の株に腰掛けて、まずは腹ごしらえ。

Imgp8155

食後
のひと時に、ナズナを使った草遊び、

在来種のオドリコソウ(鉢植え)
の紹介をしました。


里山の手入れをしているメンバーが、

ほだ木に生えているシイタケをそ
の場で収穫して、お土産にしてくれました。

Imgp8154




シロバナタンポポ、キュウリグサ、トウダイグサなどを観察しながら

沿いの道を進み、ヤドリギを見た所で本日の観察会は終了。

時刻は午後
2時まで15分あまり。約3時間ほどの観察会でした。

 

(田島)

親子で楽しむどんぐり学習会

4/20 親子で楽しむどんぐり学習会を行いました!

場所は多摩動物公園

前回も行ったどんぐりの畑づくりの続きを行います。

参加者は24名の親子

この日はなぜか急に寒くなり、東北などでは春の雪が降ったほど

グリーンセイバーのリーダーさんが、

森を案内しながらどんぐりの森に住む生きものや植物を探して探検しました。


Dsc00806
※展示は共催の前田建設工業様の環境活動について

Dsc00814


どんぐりの森ではなにが見つかったのでしょうか

この日は前の週に比べても多くの花が咲いていました。


木の皮をめくると、そこにもいろんな発見があります。

Dsc00902_3

アリ巣やカミキリムシの幼虫も発見していました!


Dsc05503

探検の途中で実生(みしょう)を発見!

つぎつぎと実生を見つけては、喜びの声が聞こえていました。



実生をポットに移します。

Dsc00848_2



実生を探しながら、森のための肥料を作る作業

Dsc05496 Dsc05502

慣れない手つきでクマデを使い、落ち葉を一生懸命集めています。


フィールドに設置してある、腐葉土の場所では、毎年カブトムシの幼虫も見られます。

今回でたくさんの落ち葉があつまり、またカブトムシの幼虫が見られるでしょうか

楽しみです。

Dsc00861

実生苗木は、苗木畑に移植しました。

大きく育って森の仲間になるといいですね。



Dsc00876


どんぐりやどんぐりの森についてたくさん勉強したり触れたあとは、

どんぐりを使ったクラフトを楽しみました。


あいにく、午後から雨が降ってきてしまい、急遽タープを貼りました。


タープの下で、工夫したどんぐりの作品ができあがります。

Dsc00895 

Dsc00880


何ができあがったかは、今回のともだちの中だけのひみつです♪



今回のどんぐり学習会、多摩動物公園の森づくりの活動については
前田建設工業(株)様との共催で行いました。

前田建設工業 環境保全への取り組み

ありがとうございました!

多摩動物公園では、毎月雑木林の整備作業を行っています。

是非ご参加ください。

◆TAMAZO 活動について

続きを読む "親子で楽しむどんぐり学習会" »

2013.04.22

グリーンセイバーベイシックセミナー

4月20日(土)、21日(日)の2日間、

国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、

グリーンセイバーベイシックセミナーを開催しました。

続きを読む "グリーンセイバーベイシックセミナー" »

2013.04.16

多摩動物公園の森づくり

4/13 多摩動物公園の雑木林の活動を
凸版印刷(株)の皆様が手伝ってくださいました。

多摩動物公園では、50年放置され荒れた雑木林が残されていました。

2004年から当協会で整備活動をはじめ、

ようやく明るく見通しの良い環境になってきました。

Dsc00571


しかしながら、大きく育ったクヌギやコナラが、森の更新を邪魔してしまっています。

そこで!雑木林でどんぐりを育て、新しい森として更新しよう!というプロジェクトをスタートしました。

30名の親子で参加していただいた凸版印刷さん。

まずは、どんぐりが芽を出せる環境をつくるためのササ刈り・草刈作業をします。

Dsc00596 Dsc00583_2

放置された雑木林では、ササなどの暗いところでも育つ植物に占領されてきます。

ササを刈ることで、土にあたる日光を増やし、どんぐりの発芽や蘭などの植物が生えやすくなります。

ササ刈り・草刈をしたら、次は実生を探します!


実生(みしょう)とは、どんぐりから芽が出たものです。

ササの間からちょこっとでている実生の葉っぱを探します。

Dsc00588

最初はみつけられずに、困っていた様子。

でもひとつ見つけると、たくさんみつかります。

Dsc00574


これらの実生たちは、この場所では暗いせいか3年以上育つことがありません。

実生を見つけたら掘って苗木畑に移動することにしました。

Dsc00606


実生を丁寧に堀だし、ビニールポットへ植え替えます

芽を見つける眼ができたのか、たくさんの苗木ポットができました!

Dsc00612


苗木たちは、3月に中学校の里山体験学習で作った苗木畑にポットごと移植しました。

Dsc00624

これからの森づくりの大切ないっぽをふみだした活動になりました




次は、雑木林の生き物調査です!

春の花を中心にいろんな花さがしをしてフィールドを探検します。

Dsc00646



さっそくなにか見つけたようです。


グリーンセイバーのみなさんが丁寧に植物について説明してくれました。


歩きながらいろんな生きものを発見します。

Dsc00634 うさぎの巣 Dsc00654 ビロードツリアブ 

Dsc00657 朽木のシロアリ Dsc00656 ウグイスカグラ

ほかにも春らしい、青いオオイヌノフグリや黄色いヘビイチゴの花など、

いろんな花を見つけてあるきます。

Dsc00660

Dsc00667




最後にみんなで大きい地図に発見した場所を記録して調査を終えました。


参加して下さった凸版印刷の皆様、ありがとうございました!




◆凸版印刷さんは、環境に対しいろんな活動を展開されています。

是非こちらもご覧ください。

凸版印刷 CSR活動 ホームページ




◆多摩動物公園のボランティア活動は、月に2回行っています。

興味のある方はホームページでスケジュールを確認の上、

東京事務局までご連絡ください。


TAMAZOホームページ

続きを読む "多摩動物公園の森づくり" »

2013.04.15

bayfmでグリーンセイバーを紹介していただきました。

ご報告が遅くなりましたが、3月23日(金)、千葉を中心としたFMラジオ局、


ベイエフエムの「NEC presents ザ・フリントストーン」という番組で、


グリーンセイバーを紹介していただきました。

続きを読む "bayfmでグリーンセイバーを紹介していただきました。" »

2013.04.08

大荒れの週末。

日本海側と太平洋側で発達した低気圧の影響で、

全国的に暴風、大雨、高波など、大荒れの天気となりました。

続きを読む "大荒れの週末。" »

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »