無料ブログはココログ

« これからはじめる自然観察 春の里山編 ~「春」をたずねて里山歩き | トップページ | 本当はしたたかなスミレの生活 »

2013.04.30

自然と親しむ講座シリーズ観察 「女子のための山歩き講座~高水三山を行く」

自然と親しむ講座シリーズ、第二回目は女子のための山歩き講座でした。


JR
青梅線軍畑駅→高水山→岩茸石山
→惣岳山→

JR青梅線御嶽駅という初心者向けコースで、

山歩きの基本を学ぼうというものです。


ちなみに今日のブログ担当は、


樹木・環境ネットワーク協会でOJTをしている塚原といいます。

登山初心者の私も、この講座に参加者として出席してきました。


当日は突き抜けるような青空が広がり

絶好のお天気に恵まれました。

GW中
ということもあり他の登山客も多く、

集合場所の軍畑駅は大変なにぎわいです。



大学生からお祖母ちゃん世代までの参加者が8名と、

ベテラン講師2名の計10名での登山です。

何十年ぶりの登山、遠足程度でしか登ったことはない、

定期的に登山している、などなど、

経験も体力も様々な人が集まりました。



01


始めに皆でストレッチをし、体をほぐしてから出発。

30
分ほど舗装道路を歩いて登山口に到着。

ここで登山のマナー、装備、水分の取り方、歩き方等を教わり、

少し休憩をしてから入山しました。


登山は、同じペースで歩き続けることが大事です。

10
人のパーティでも体力がバラバラなので、ゆっくり歩いて行きました。

沢山の人が爽やかな挨拶をして後ろから追い越していきます。

挨拶は登山の基本マナーですね。

私たちも笑顔で挨拶をして歩いていきます。

02



登山道入り口から高水山までは、

今日のコースで一番急な登りです。

日陰の涼しい植林地、日差しが眩しい伐採地などで

少しずつ異なる植生を見て、花の名前を覚えていきました。

伐採した後の日当たりのいい場所に沢山生えていたのは

ニガイチゴとタケニグサ。

暗い所にはフモトスミレや
ミヤマスミレが沢山咲いています。



皆さんからも、目新しい花を見つけては、

「これは何の花ですか?」と、

講師の中西さんに質問が殺到しました。




03


おしゃべりをしたり花を見たりして楽しんでいるうちに

急な登りも終わり、高水山山頂(759M)に到着。




一時間よく歩きました。



女子登山ならではの楽しみに休憩中に回ってくる

沢山のおすそわけがあります(笑)。

休憩の度に飴やクッキーや、色んなものを交換しました。

まるで皆さん四次元ポケットでもついているかのように

出てくる出てくる…!

 

標高が変わってきたので他にも色々な植物が

みられるようになってきました。

タチツボスミレ、ミヤマカタバミ、マムシグサ、

アセビ、ツクバネソウなどなど。



なだらかな尾根道や少しのアップダウンを繰り返し、

三山で最も標高の高い岩茸石山の頂上(793M)に到着。

見晴らしが素晴らしいです。

周辺一帯が載っている地図で山の名前を確認したりして、

奥武蔵の山々を眺めました。




そしてここでランチタイム。ちょうど12:30位です。


講師の高橋さんが笹の葉茶を入れてくれました。

もちろん他にも沢山のおすそわけが(笑)。

運動した後に食べるご飯は格別に美味しく感じました。

04at




しっかり休憩し、

各自ストレッチをしてから
惣岳山へ向けて出発。



満腹だと注意力が散漫になってきますが

下り道は危険なので気を引き締めます。


急な登りを迂回したので1時間ほどかけて

惣岳山山頂(756M
)に到着。

惣岳山山頂は日陰が涼しく、ゆっくり休憩出来ました。


05


あとはひたすら下るだけ。

ですがこの下りがなかなか急で

今日一番の体力消耗ポイントを迎えます。



疲れがピークに達し、滑りそうな足元に気を配り、

見晴らしも悪いのでとにかくおしゃべりをしながら

一生懸命歩きました。



途中オオツクバネウツギを発見。

最後にツルニチニチソウ(外来種)を見つけたところで

日常に戻ったことを実感し、無事下山。




06


御嶽駅でまたおやつを配りあって

16:30頃に解散しました。



あっという間の7
時間でしたが

とても充実した一日となりました。

帰ってからのお風呂とビールが

最高だったのは言うまでもないですね(笑)。

皆さんお疲れさまでした! 

(塚原)

« これからはじめる自然観察 春の里山編 ~「春」をたずねて里山歩き | トップページ | 本当はしたたかなスミレの生活 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« これからはじめる自然観察 春の里山編 ~「春」をたずねて里山歩き | トップページ | 本当はしたたかなスミレの生活 »