無料ブログはココログ

« bayfmでグリーンセイバーを紹介していただきました。 | トップページ | グリーンセイバーベイシックセミナー »

2013.04.16

多摩動物公園の森づくり

4/13 多摩動物公園の雑木林の活動を
凸版印刷(株)の皆様が手伝ってくださいました。

多摩動物公園では、50年放置され荒れた雑木林が残されていました。

2004年から当協会で整備活動をはじめ、

ようやく明るく見通しの良い環境になってきました。

Dsc00571


しかしながら、大きく育ったクヌギやコナラが、森の更新を邪魔してしまっています。

そこで!雑木林でどんぐりを育て、新しい森として更新しよう!というプロジェクトをスタートしました。

30名の親子で参加していただいた凸版印刷さん。

まずは、どんぐりが芽を出せる環境をつくるためのササ刈り・草刈作業をします。

Dsc00596 Dsc00583_2

放置された雑木林では、ササなどの暗いところでも育つ植物に占領されてきます。

ササを刈ることで、土にあたる日光を増やし、どんぐりの発芽や蘭などの植物が生えやすくなります。

ササ刈り・草刈をしたら、次は実生を探します!


実生(みしょう)とは、どんぐりから芽が出たものです。

ササの間からちょこっとでている実生の葉っぱを探します。

Dsc00588

最初はみつけられずに、困っていた様子。

でもひとつ見つけると、たくさんみつかります。

Dsc00574


これらの実生たちは、この場所では暗いせいか3年以上育つことがありません。

実生を見つけたら掘って苗木畑に移動することにしました。

Dsc00606


実生を丁寧に堀だし、ビニールポットへ植え替えます

芽を見つける眼ができたのか、たくさんの苗木ポットができました!

Dsc00612


苗木たちは、3月に中学校の里山体験学習で作った苗木畑にポットごと移植しました。

Dsc00624

これからの森づくりの大切ないっぽをふみだした活動になりました




次は、雑木林の生き物調査です!

春の花を中心にいろんな花さがしをしてフィールドを探検します。

Dsc00646



さっそくなにか見つけたようです。


グリーンセイバーのみなさんが丁寧に植物について説明してくれました。


歩きながらいろんな生きものを発見します。

Dsc00634 うさぎの巣 Dsc00654 ビロードツリアブ 

Dsc00657 朽木のシロアリ Dsc00656 ウグイスカグラ

ほかにも春らしい、青いオオイヌノフグリや黄色いヘビイチゴの花など、

いろんな花を見つけてあるきます。

Dsc00660

Dsc00667




最後にみんなで大きい地図に発見した場所を記録して調査を終えました。


参加して下さった凸版印刷の皆様、ありがとうございました!




◆凸版印刷さんは、環境に対しいろんな活動を展開されています。

是非こちらもご覧ください。

凸版印刷 CSR活動 ホームページ




◆多摩動物公園のボランティア活動は、月に2回行っています。

興味のある方はホームページでスケジュールを確認の上、

東京事務局までご連絡ください。


TAMAZOホームページ

追記
◆本活動が今年度のグリーンウェイブ2013に登録されました!

グリーンウェイブのページ

« bayfmでグリーンセイバーを紹介していただきました。 | トップページ | グリーンセイバーベイシックセミナー »

保全活動」カテゴリの記事

作業体験」カテゴリの記事

◎TAMAZO(多摩動物公園)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩動物公園の森づくり:

« bayfmでグリーンセイバーを紹介していただきました。 | トップページ | グリーンセイバーベイシックセミナー »