無料ブログはココログ

« 親子で楽しむどんぐり学習会 | トップページ | 自然と親しむ講座シリーズ観察 「女子のための山歩き講座~高水三山を行く」 »

2013.04.30

これからはじめる自然観察 春の里山編 ~「春」をたずねて里山歩き

4月13日(土)、ぽかぽか陽気に恵まれて

「寺家ふるさと村」から
「三輪さとやま」まで、

13
人の参加者と春の花、新緑の樹々を楽しみました。



「これからはじめる自然観察」は、

自然に興味はあるけれど、
きっかけ がなくて……

という大人の方に、
気軽に自然に親しんでもらうための観察会。

今年のはじめは「春の里山」編でした。


スタートは、渋谷から東急・田園都市線の急行で
26分、

青葉台
からバスで15分くらい、

都心から一時間足らず行ける、身近な里
山「寺家ふるさと村」です。

Imgp8120

まず、横浜市の施設、「四季の家」に集まり、

中にある立体地形図でこ
れから歩くコースを確認、

トイレをすませて、
「寺家ふるさと村」を取り巻く

小山の樹々を眺めました。



俳句では「山笑う」という春の季語があります。

新緑がいっせいに芽生
え、うす緑色から黄緑、

わずかに桃色や黄色みがかった緑
……と、

寺家
の田んぼを取り巻く林は、

ほんとうに笑っているようにみえました。


ここで一つ、問題が出されます。

いま、ここで見る山は「笑っている」ように見えますが、

春の山がみんな笑って見えるワケではありません。

この反対の森はどんな森でしょうか? 


参加者の一人、この「寺家ふるさと村」、

そして隣り合う「三輪さとやま」の森の保守・管理の

ボランティアをしている広瀬さんが答えます。

「関東南部、この辺の森は、放っておくとシイやシラカシなどの

常緑樹ばかりになって、アズマネザサがはびこり、

つる草が絡まって、暗くて気味の悪い森になってしまいます」と。


「寺家ふるさと村」から見た森が笑って見えるのは、

このように森を守る人たちがボランティアで

働いているからだったのですね。



田んぼ沿いの道。

いまは水を落としていますが、

何やら懐かしい思いのする光景。

私たち、農耕民族のDNAが騒ぎます。

ここにも、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウなどの

春の花が咲いています。


田んぼは草刈りをしたばかり。

それまで田んぼ全体を白い花で覆っていた

タネツケバナは見えなくなり、

緑肥にするために栽培されている

レン
ゲの花で紫色に見える一画がありました。

Imgp8126


田んぼの反対側は、丘に続く斜面です。ここにはタチツボスミレ、

ムラサキケマンなどという野草が、そこここに咲いていました。

Imgp8110_2   ←ムラサキケマン




第一のポイント。春の妖精といわれる植物群のひとつ、

イチリンソウが一面に。
まだ五分咲き程度ですが、

白くて大きな花(花に見えるのは実は
「がく」)なので、とても印象的でした。

Imgp8114_2             Imgp8129_2
イチリンソウ                           ニリンソウ

ニリンソウはまだ二分咲きくらい。

「花の盛りにもう一度、来てみたい」と、参加者の声。

花の谷戸を出ると、ぽかぽかの陽気のもと、

成虫のまま冬を越すテングチョウがひらひらと舞っていました。



Imgp8118_2

「三輪さとやま」に入るには、水車の横の山道を入って行きます。

にはタマノカンアオイが葉っぱを広げ、その葉をめくると、

渋い茶色の
花が咲いていました。
                                                                                         タマノカンアオイ↑
                                      
Imgp8150


参加した女性が、とても小さなユリ、チゴユリの花が咲いているのを見つけて、

教えてくれました。尾根道には、その他、ツリバナ、ウワミズ
ザクラなどの花が咲き、

ヤブレガサが葉を広げていました。




階段の道を降りきると、そこは「三輪さとやま」です。

もうお昼を回っ
ていたので、間伐で切った木の株に腰掛けて、まずは腹ごしらえ。

Imgp8155

食後
のひと時に、ナズナを使った草遊び、

在来種のオドリコソウ(鉢植え)
の紹介をしました。


里山の手入れをしているメンバーが、

ほだ木に生えているシイタケをそ
の場で収穫して、お土産にしてくれました。

Imgp8154




シロバナタンポポ、キュウリグサ、トウダイグサなどを観察しながら

沿いの道を進み、ヤドリギを見た所で本日の観察会は終了。

時刻は午後
2時まで15分あまり。約3時間ほどの観察会でした。

 

(田島)

« 親子で楽しむどんぐり学習会 | トップページ | 自然と親しむ講座シリーズ観察 「女子のための山歩き講座~高水三山を行く」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 親子で楽しむどんぐり学習会 | トップページ | 自然と親しむ講座シリーズ観察 「女子のための山歩き講座~高水三山を行く」 »