無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013.11.25

11/24(日)「自然発見、子ども探検隊」開催しました。

11/24(日)目黒区自然教育園にて、

港区主催の子どもワクワクプロジェクト

「自然発見、子ども探検隊」を開催しました。

目黒区自然教育園(国立科学博物館附属教育園)は、

都内にありながら自然の中に迷い込める場所です。

当日はお天気に恵まれましたが、木陰にいるとひんやりしました。冬を感じます。

Photo_14
沢山の方に集まって頂きました。

はじめにアイスブレイク「どんぐりじゃんけん」
1人2つどんぐりを持って、じゃんけんをしていきます。
勝った人は負けた人からどんぐりを1つもらっていき、

最後に何個どんぐりを持っているか競うゲームです。

大人も子どももわいわい。「どんぐりじゃんけん!じゃんけんポン」

Photo_16

Photo_17



自分の名札をつくって・・・

Photo_18

いざ出発!
今日はトッシー班、クッシー班、トム班に分かれて探検しました。

Dsc06073_2


Dsc06096

Dsc06113

くっつくタネ、三角の茎、ちびまる子ちゃんの永沢君みたいな形の実、

跳ねる実、鳥のフン、

泡の出る実、きれいな葉っぱ、、、色々なものを発見しました。

みんなおぼえられたかな?

最後におみやげのバッタ、イモムシ、ギンナンをもらって

今日はおしまい(バッタとイモムシは本物ではなくて、葉っぱや実でできています)。

大人も子どもも、終始わくわくした熱気に包まれて、肌寒さを忘れる一日でした。

Photo_19

Photo_20

みて、さわって、嗅いで、つぶして、投げて。

自然の中で遊ぶ面白さを感じていただけたら幸いです。

もうすぐ紅葉がはじまる教育園。

ぜひまた足を運んでみて下さい。
もちろん子どもワクワクプロジェクトにもまた参加して下さいね!(塚原)

11/17(日)日野市環境フェアin多摩動物公園

11/17(日)多摩動物公園で、
日野市環境フェアが行われました。
当協会では、多摩動物公園での雑木林の整備活動を行っており、

環境保全のPRをするためフェアへ出展しました。

Img_1303

フェアでは、日野市にある多くの企業・団体の展示も行われていました。
地場産の野菜の販売あり、エコカーの展示がありと、
大変賑わっていました。
当協会はライオンの森で、

自然体験プログラムや絵本の読み聞かせ、森の音楽会を行いました。

Photo_8




絵本を導入として使った体験プログラムでは、

明るく整備されたライオンの森を小さな子どもが探検、

カブトムシの幼虫やどんぐり、落ち葉を発見。

Img_0276_2

前田建設工業の皆様によるお絵かきイベントも大盛況でした。
たくさんの子どもたちが描いた、動物園は、

カラフルでいろいろな動物たちでにぎやかに。

Photo_9



絵本の読み聞かせでは、

親子で絵本を読みきかせている様子がいつも見られ、

スタッフによる読み聞かせでは、子どもも絵本に夢中になっていました。

Photo_10



そして森の音楽会。
エル・ソレイユの梶さんによるアイリッシュハープの音色が森に流れ、

風や鳥の音と共に子どもたちを包んでいました。

Photo_11



展示コーナーでは、「どんぐりマップ・図鑑」を配布
園内に転がっているどんぐりを拾ってライオンの森に持っていこう!
と呼びかけました。

Photo_12



たくさんのクヌギやコナラのどんぐりが集まり、

子どもたちが楽しそうに種類ごとにわけていました。
今回集ったどんぐりは今後の森をつくる種になります。Photo_13
天気にも恵まれ、気持ちのいい森の風を感じながらの環境フェアとなりました。
当協会のブース、体験プログラムに参加してくださりありがとうございました。
ライオンの森では、月に2回の活動を行っています。
興味がありましたら事務局までお問い合わせください。
(後藤、塚原)

2013.11.21

イベント「おぐらの森で遊ぼう!」

119日(土)、イベント「おぐらの森で遊ぼう!」を開催しました。

 

 

パラッツォ東京プラザの社員と家族、近隣住民に参加していただき、おぐらの森の整備活動を行いました。

 

 

近隣住民を入れてのイベントは、おぐらの森では初めてのことです。

最初は、木鬼でアイスブレイク。

 

 

予想以上にみなさん楽しんでいて、笑い声が森に響いていました。

 

Dsc08520

 

 

全員でスギの伐採を見学した後は、樹名板の作成と設置を行いました。

 

 

まずは、樹名板の作成です。

ぞれぞれの個性が光っていました。

 

Dsc08541

 

次に、図鑑を参照しながら自分が担当する樹を探してもらいました。

 

 

苦戦しているグループもありましたが、コミュニケーションのきっかけになっていたようです。

 

 

樹名板の作成・設置が終わったあとは、休憩(ご飯を食べたり、たきびを囲んだり)を挟んで、「アスレッチックづくり」、「ベンチづくり」、「鳥の巣箱づくり」を行いました。

Dsc08554

Dsc08578

巣箱づくりには、こどもも参加しました。

Dsc08581

アスレッチクづくりは相当な重労働でしたが、みなさんグリーンセイバーの指導を受けながら、熱心に動いていました。

Dsc08628

大人が汗を流す中、こどもはロープウェイに夢中でした。

Dsc08605

 

作業が多いイベントだけに、大きなケガなく終えることができ、よかったです。

 

今回のイベントをきっかけに、地域住民の方々をもっと巻き込んでいければ、おぐらの森の一層の活用につながると感じました。

参加していただいた皆さま、おつかれさまでした!

Dsc08647

(文:大櫛)

「森の恵みをいただこう」in 町田

1027日(日)、子どもワクワクプロジェクト「森の恵みをいただこう」を

開催しました。

 

予定は26日でしたが、台風で延期に。

27日は台風一過でいいお天気になりました。

 

今回の子ワクは、森の恵みを食べたり、森の中を駆け回ったりと、森をいろいろな角度から楽しむことがテーマでした。

 

最初は、竹筒パンを焼くための火起こしからスタート。

マッチの使い方を教わって、子どもみんなで火をつけました。

Dsc05612

その後は、里山散策。

みなさん、どんぐり、きのこ、虫など、いろいろなものを見つけては楽しんでいました。

 

Dsc05622

 

里山散策の最後は、竹の伐採。

グリーンセイバーの広瀬さんに指導を受けて、子どもたちが竹を伐採しました。

皆慣れない手つきでしたが、表情は真剣そのもの!

 

Dsc05639

 

竹が倒れるときには、大きな歓声が上がりました。

 

散策の後は休憩をはさんで竹筒パンづくり。

まず、パン生地にチーズやハムなどのトッピングを入れて、それぞれオリジナルの生地を作りました。

生地を丸めたあとは、「竹筒パン」という名の通り、パン生地を竹筒に入れて焼いていきました。

 

Dsc05677

Dsc05684

 

 

「こんなのでパンが焼けるの?」という声もありましたが、蓋をあけてみると丸々に膨らんだパンが!

竹のほのかな香りがして、大人の参加者の評判も上々でした。

 

竹筒パンと同時並行で、どんぐりやクルミも焼きました。

クヌギ、コナラ、マテバシイ、スダジイのどんぐりを用意したので、味にバリエーションがあり、舌で違いを感じることができました。

(クヌギってあんなに苦いんですね…)

 

Dsc05702

 

おなかが満たされた後は、ロープウェイやハンモックで遊びました。

子どもたちと一緒に遊んだ結果、翌日にはひどい筋肉痛になってしましましたが、私自身も楽しませていただきました。

Dsc05685

 

 

森をさまざまな角度で楽しむだけでなく、普段都会では見ることができない子どもの顔を見ることもでき、充実した一日でした。

遊び場がめっきり減ってきた昨今、外で思いっきり遊べる環境を提供することも大事かもしれませんね。

(文:大櫛)

 

2013.11.19

「海の森」の特別公開、無事終了しました。

10月18日(金)から週末ごとに開催された

「海の森 秋の植樹まつり&特別公開」が、

11月17日(日)に無事終了しました。

Umimori4


続きを読む "「海の森」の特別公開、無事終了しました。" »

2013.11.13

エコプロに出展します。

12月12日(木)・13日(金)・14日(土)の3日間、

東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会

「エコプロダクツ2013」に出展します。

Photo_2

続きを読む "エコプロに出展します。" »

2013.11.09

マスターセミナーを開催しました。

ご報告が遅くなりましたが、さる11月2日(土)・3日(日)の2日間、

国立オリンピック記念青少年センターで開催しました。

Img_0083

当協会の澁澤寿一理事長の講義からスタート

続きを読む "マスターセミナーを開催しました。" »

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »