無料ブログはココログ

« 聚レター128号を発行しました。 | トップページ | 新しい寄付の方法がスタートしました。 »

2014.03.20

武蔵野の森から学ぼう 3/15 活動報告

滝澤さんと池田さんから、3月15日に実施された

武蔵野の森から学ぼう」の活動報告が届きました。

G59jlmn34qrcpewb

【活動日】2014年3月15日(土) 晴れ

【参加者】滝澤親子、池田、鈴木、山本(以前、憩いの森に参加。武蔵野の森は3回目)

      山本(初参加、大学生)、谷 以上7名。(敬称略)

【活動内容】

2月の活動日は大雪のため中止でしたが、

その影響で雪折れなど危険な状態の木があったら除伐する予定で、

午前中はゴミ拾いをしつつ見回りをしてから、

どこから手をつけるかを決めていく方針としていました。

72ln7vtmpt882ess

途中活動範囲外の順路で、立ち枯れや

数mの高いところで折れている木を見かけましたが、

私どもではお手上げのものでしたので、多摩環にお任せすることとして、

D地区の虫こぶが著しいコナラを1本の除伐と、

B地区の電線にかかった桜の枝打ちをしました。


D地区の虫こぶのコナラは、滝沢さんと鈴木さんが受け口の作り方と

倒す方向を指導しつつ、新人の山本さんにほぼ一人で伐採してもらいました。

F0rrb7ornj2xha6u_2


切り口の年輪を数えたら、10年生。D地区の歴史を語っているなぁ~。

Bly0tqdgv_i6jb9m

B地区の桜の枝打ちは、鈴木さんの独壇場でして、

途中の枝に跨って先端を切り落とすは、ハシゴに登って、高枝ノコで

電線にかかった枝を見事に料理してました。

池田さんがアップしてくれた写真でその活躍ぶりが見てとれます。

4cbhwwo74fvty993


その他、B地区の通路の緩んだ杭を打ちなおしたり、

B地区奥の通路を塞ぐエゴノキの除伐をすませました。

S4byiqxbf5m07ym_

15日は、暖かく穏やかな晴れで、気持ちのいい活動日和でした。

(滝澤)

今日は、新たに大学一年生の山本さんが参加しました。

作業は初めてとのことでしたが、ノコギリ、カケヤともに、なかなかの腕前で、

たのもしいです。是非今後も参加してくれるとうれしいですね。

Aukkwcy1mpb5vw0p

今年になって、お二人の「山本さん」が加わり、久々に賑やかな活動になってきました。

奥の森には、オオタカの姿も見えました。今年も営巣してくれそうです。

(池田)

« 聚レター128号を発行しました。 | トップページ | 新しい寄付の方法がスタートしました。 »

保全活動」カテゴリの記事

◎武蔵野の森から学ぼう(東京)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野の森から学ぼう 3/15 活動報告:

« 聚レター128号を発行しました。 | トップページ | 新しい寄付の方法がスタートしました。 »