無料ブログはココログ

« 子どもワクワクプロジェクト「自然の色 日本の美」 | トップページ | 武蔵野の森から学ぼう 4月19日(土)活動報告 »

2014.04.16

4/6 自然と親しむ講座シリーズ「野草を食べる講座」

3

さわやかな晴天のもと、町田の三輪フィールドで、

自然と親しむ講座シリーズ「野草を食べる講座」が開催されました。

9時半過ぎ、参加者全員が集まりました。20名を超え、盛況でした。


はじめのあいさつでは、今日の予定と、持続可能な里山の利用法などのお話。

野菜、蔬菜、圃菜、水菜、山菜、・・・と

昔の人は植物の恵みを呼び分けていたそうです。



さて、それぞれにビニール袋を持ち2班に分かれて、食べられる野草を採取。

14_3

キブシの雌花はもう子房が膨らんでいます。雄花なら天ぷらにしたのに残念。

9_4


尾根を降りて谷戸に出ると、ニリンソウが満開でした。食べる分だけいただきます。

15


毒草のトリカブトと間違えないように。白い花を確認してから取れば大丈夫。

谷戸ではカンゾウ、ノビル、スミレ、セリもたくさんありました。

ノビルやセリはにおいをかいで、間違いないことを確認。

タチツボスミレとショカツサイはまるで花畑のように咲いていました。

18_2 タチツボスミレ


畑のまわりでは、フキ、カラスノエンドウ、アザミ類、ハルノノゲシ等がどっさり。

タケノコはちょっと早めで20㎝くらいのものを3本掘り上げました。


さて、採ってきた野草は、ゴミを取りのぞき、水洗いします。

23_24


今回は、ゆで、炒め、揚げで調理。ツバキの花、タンポポの花、ハリギリ、

ノビル、カラスノエンドウなどを天ぷらにします。

27_2

ゆでたものはいろいろな和え物に。お浸し、和え物(辛子酢味噌、

オーロラソース、アイヨリソース、味噌マヨソースなどなど)、

たくさんの名札がついて、品評会みたいです。

2812


食材は、ハルノノゲシ、カンゾウ、スミレ、ショカツサイ、ノビル、タンポポ、

タネツケバナ、ニリンソウなど。

お楽しみ、舌鼓タイムではみなさん、「うまいうまい!」

29

このころから雲行きが怪しくなり、雨が降り始めましたが、

広瀬さん設営の巨大タープのおかげでぬれずに済みました。

最後は三輪フィールド自慢のピザ釜で、フキとタケノコの味噌ピザを焼きます。

31

食べ終わる頃、雨は本降りになり、雷も鳴り出して倉庫に避難しました。

その後、あわただしく早目の解散となりました。

参加者のみなさんは、雨だけど「ありがとうございました」と

笑顔でお帰りになりました。

野草を採るところから調理して食べるところまで

みんなでできたのがうれしかったとの声。

スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

感想:下見の時とはだいぶ様子が変わっていてちょっと心配していましたが、

新たにメニューに加わった野草もあって面白かったです。

個人的には大株のタンポポがとてもおいしかったです。

大昔におばあちゃんが作ってくれたタンポポのお浸しと同じ味で、

懐かしさに涙が出そうになりました。

(レポート:川瀬和江 写真提供:深串泰光

« 子どもワクワクプロジェクト「自然の色 日本の美」 | トップページ | 武蔵野の森から学ぼう 4月19日(土)活動報告 »

イベント」カテゴリの記事

◎町田・三輪里山(東京)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/6 自然と親しむ講座シリーズ「野草を食べる講座」:

« 子どもワクワクプロジェクト「自然の色 日本の美」 | トップページ | 武蔵野の森から学ぼう 4月19日(土)活動報告 »