無料ブログはココログ

« 2018/9/23 二宮蜜柑倶楽部「収穫」 | トップページ | 2018/10/18 おぐらの森 定例活動 報告 »

2018.10.16

2018/10/07 子どもワクワクプロジェクト『木の実のヒミツ』

木の実や草の実、タネたちは、それぞれどんな「旅」に出るのかな?

風で飛ぶタネの模型を飛ばしたり、森の生き物のごちそうを探すゲームをしました。

木の実も色々見つけて、最後にそれが「どんな」木の実やタネなのかを分けてみました。


場所:練馬区光が丘 光が丘公園

Photo


光が丘公園に入る所で、マテバシイのどんぐりを観察しました。

Photo_2

羽根の付いたイロハモミジの実は、吹けばひらひらと飛んでいきます。

Img_burogu


Photo_11


ハナミズキの赤い実は、鳥に食べてくれ~とアピールしているようで非常に目立ちます。

Photo_10

木の実探しゲーム「ご馳走はどこだ」に、子ども達は白熱していました。

Photo_3

早春に白い花を咲かせるコブシの木の実。引っ張るとへその緒が伸びる、これも鳥を呼ぶ仕組みです。

Photo_4

クルミの実は水に浮くので、川の流れに乗ってどこまでも移動出来ます。

リスが食べた後のクルミの殻(この公園にはリスはいません)。

きれいに真っ二つに割って実を食べます。動物や水が運ぶタネ。

Photo_5

「実やタネはいろいろあるんダネ」の分類表に、子ども達が公園内で集めた実や種を分類しました。

お気に入りの実の話をしながら表に置いていく子や、この時にまた探しに行く子もいました。

こうして今日見つけた木の実を見合いました。

Photo_6

作って楽しむドングリ標本の一例をご紹介。

43395748_1729528487173411_460707912



折り紙で作った種子の模型を飛ばしました。

Photo_8

青空が気持ちよく広がる光が丘公園で、木の実をたくさん見つけることができました。

Dsc



(報告 高橋まり子)

 






 


 




 


 

 


 

 




 


« 2018/9/23 二宮蜜柑倶楽部「収穫」 | トップページ | 2018/10/18 おぐらの森 定例活動 報告 »

子どもワクワクプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541641/67279673

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/10/07 子どもワクワクプロジェクト『木の実のヒミツ』:

« 2018/9/23 二宮蜜柑倶楽部「収穫」 | トップページ | 2018/10/18 おぐらの森 定例活動 報告 »