無料ブログはココログ

« 町田・三輪里山保全活動に参加しました! | トップページ | 2018/11/18 里地里山フェスティバル@東京港野鳥公園 »

2018.11.14

10/28(日)これからはじめる自然観察シリーズ「スケッチで自然観察 種子編」

10/28(日)これからはじめる自然観察シリーズ「スケッチで自然観察 種子編」を行いました。
種子編ということで、4月に新宿御苑で実施した春編に続き、秋の草花や樹木の種子を中心に観察する観察会となりました。

今回は樹木・環境ネットワーク協会で保全活動を行っている町田市の三輪里山フィールドでの開催です。

オリエンテーションでは、種子への理解を深めるために実と種子の違いについてや種子の形と散布様式の関係などについて振り返りました。

Cid_166cd3c7e72805660f22blog_2


そして、まずは三輪里山フィールド内を散策し、スケッチして観察するための種子を探しました。

Cid_166cd3d0f8ea9f7ceee3blog


大収穫!センダン、カラスウリ、クサギ、チヂミザサ、センニンソウ、アメリカセンダングサなどなど。多様な草花があることが伺えます。

Cid_166cd3dda7a3f4c18f04


お昼をはさんで後半は、採集してきた草花や樹木の種子の中からそれぞれ好きなものを選んでスケッチをします。
秋の木漏れ日の中、みなさん黙々と絵を描き進めます。

Cid_166cd3e3f61121deae85


最後は、それぞれが絵を描く中で気づいた草花、種子の特徴、不思議について共有しました。

例えば、ヤブツルアズキの3葉のうち、真ん中の葉の形の違いに気づいたり、ウツギの実の観察を通して、付近の葉の鋸歯の存在に気づいたり、それぞれが観察を通して、普段意識してみていなかった部分について焦点をあてることができていたように思います。

種子や葉の形はひとつひとつの形や色が微妙に違っていたり、葉や種子のつき方、茎の節の様子など、普段と違う着眼点で発見した気づきをみんなで話し合いました。

Cid_166cd3e806865de15f06blog

Cid_166cd3e984e6d631ef77

Cid_166cd3eb584b80d43f88



今年度からの企画「スケッチで自然観察」は、4月の春編、10月の種子編とでひとまず終了。
白紙の紙に0から形をつくる、絵を描く視点は、対象の草花をより細部まで細かく見ることに繋がります。
そんなスケッチの視点を通して春と秋の自然を観察でき、とても貴重な経験になりました。


(グリーンセイバー  林 颯太)

« 町田・三輪里山保全活動に参加しました! | トップページ | 2018/11/18 里地里山フェスティバル@東京港野鳥公園 »

みんなの自然体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541641/67379695

この記事へのトラックバック一覧です: 10/28(日)これからはじめる自然観察シリーズ「スケッチで自然観察 種子編」:

« 町田・三輪里山保全活動に参加しました! | トップページ | 2018/11/18 里地里山フェスティバル@東京港野鳥公園 »