無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019.06.28

小笠原特集⑤ 2019年3月14日(木)晴れ 気温23℃

今日も天気は上々、絶好の観察日和、実質な活動日の最終日だ。

Photo_20190628112101

まずは朝食前の野鳥観察。

宿の近くにある島レモンの木にメジロが次々にやって来る。

レモンの木の花の蜜と果実の香りでメグロも飛んでくるそうだ。

近くにはバナナやマンゴの木があり、野鳥にとっては食欲を誘う環境だ。

続きを読む "小笠原特集⑤ 2019年3月14日(木)晴れ 気温23℃" »

小笠原特集④ 小笠原4日目 母島・乳房山の雲霧林観察

小笠原はどこからも孤絶した海洋島であり、また、そこに海からの湿った風がぶつかることで上昇気流が生じ、ある程度の高度では一年を通して雲や霧に覆われることの多い湿潤な環境(雲霧帯)となります。

この日は母島に渡り、島の最高峰・乳房島(463m)に登り、母島ならではの雲霧林を観察する予定。

今回の観察会のメインイベントでした。

P1002999


続きを読む "小笠原特集④ 小笠原4日目 母島・乳房山の雲霧林観察" »

小笠原特集③ 小笠原・父島、母島観察旅行3日目

小笠原・父島、母島自然観察旅行三日目は、朝から小雨が降り続く中(小笠原諸島では恵みの雨だそうです)、 3台のレンタカーに分乗して夜明山道路から長崎展望台へ登りました。

Photo_20190628101401

続きを読む "小笠原特集③ 小笠原・父島、母島観察旅行3日目" »

2019.06.17

◆6/9 自然と親しむ講座シリーズ 「樹木の分かりやすい見分け方、伝え方」

6月9日(日)、日比谷公園にて自然と親しむ講座シリーズ「樹木の分かりやすい見分け方と伝え方」を開催しました。

 

Photo_33

梅雨入りに入ったばかりでしたが、何とか天気は持ってくれました。

自己紹介の重要性を伝え、午前の部13名、午後の部15名の参加者。

参加者は男性1に対して女性2の比率。

50、60代を中心に20代から70代までの年齢構成でした。

おかげさまでいつも人気講座です。「植物についての伝え方」も交え、25種の樹種の実物の葉を観察して、

違いや特徴を発見します。ときより、講師より樹木の名の由来や自生地などミニ解説を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

続きを読む "◆6/9 自然と親しむ講座シリーズ 「樹木の分かりやすい見分け方、伝え方」" »

2019.06.14

小笠原特集② 2019年3月11日、父島に到着。 大神山遊歩道で優先樹種を観察

〇おがさわら丸、島に到着
01_p3110297_

船は11:00に到着予定でしたが、天候の影響で波が高く、1時間40分遅れで、二見桟橋に入港しました。

ある程度予測していたのですが、それでも思ったより気温が高く、港に着くなりみんな上着を脱いだり薄いものに変えたりしていました。

宿にチェックインし、昼食の弁当を食べて、行動開始です。

続きを読む "小笠原特集② 2019年3月11日、父島に到着。 大神山遊歩道で優先樹種を観察" »

小笠原特集① 清水理事長と行く東洋のガラパゴス ~小笠原・父島、母島観察旅行~

小笠原世界自然遺産科学委員会の委員を務められる清水理事長の企画により、小笠原の観察会が実現しました。

期間は、3月10日(日)~15日(金)の5泊6日の日程でした。各日の活動状況を参加者に記載して頂きました。それぞれの活動日、参加者毎による記録にしましたので、お楽しみ下さい。

P1002783

続きを読む "小笠原特集① 清水理事長と行く東洋のガラパゴス ~小笠原・父島、母島観察旅行~" »

2019.06.07

5/18(土)にレガス子ども未来講座「花にかくされたヒミツ-花と昆虫の不思議な関係」を実施しました。

5/18(土)にレガス子ども未来講座「花にかくされたヒミツ-花と昆虫の不思議な関係」を実施しました。
この講座は新宿未来創造財団が主催するイベントで、今年初めて当協会で運営をしました。

Photo_22  

始めに「好きな色は?」という質問から。

赤・白・黄・紫の中で好きな色を決めてもらい、色の性格診断を実施しました。

例えば「黄を選んだきみ(あなた)は、陽気でみんなと外で遊ぶのが大好き。楽しいことを見つけるのがとっても上手。そんなきみにはにぎやかな仲間が集まります。昆虫にたとえるとかわいいハナアブでしょう。」

「当たってない」と大声で言い張る君!間違いなく当たってますよ(笑)

続きを読む "5/18(土)にレガス子ども未来講座「花にかくされたヒミツ-花と昆虫の不思議な関係」を実施しました。" »

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »