無料ブログはココログ

« 小笠原特集② 2019年3月11日、父島に到着。 大神山遊歩道で優先樹種を観察 | トップページ | 小笠原特集③ 小笠原・父島、母島観察旅行3日目 »

2019.06.17

◆6/9 自然と親しむ講座シリーズ 「樹木の分かりやすい見分け方、伝え方」

6月9日(日)、日比谷公園にて自然と親しむ講座シリーズ「樹木の分かりやすい見分け方と伝え方」を開催しました。

 

Photo_33

梅雨入りに入ったばかりでしたが、何とか天気は持ってくれました。

自己紹介の重要性を伝え、午前の部13名、午後の部15名の参加者。

参加者は男性1に対して女性2の比率。

50、60代を中心に20代から70代までの年齢構成でした。

おかげさまでいつも人気講座です。「植物についての伝え方」も交え、25種の樹種の実物の葉を観察して、

違いや特徴を発見します。ときより、講師より樹木の名の由来や自生地などミニ解説を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
Photo_34

Photo_37
参加者は3つのグループに分かれ、図鑑使用禁止のもと、

類似した樹木の葉っぱの違いを発見し、お互いに話し合います。

とても楽しそうにルーペとにらめっこしたり、触ってみたり、葉をちぎって香りを嗅いだり…。
Photo_35
イチョウの雌株と雄株の見分け方は俗説の葉っぱの形(スカートと半ズボン)説は好評でした。

実際には樹形で判断します。ー「雌株は水平な枝ぶり、雄株は上に伸びる枝ぶり」

Photo_36
プラタナス3兄弟は看板の違い図解に学び、公園内のプラタナスを参加者とともに同定していきました。

 

グリーンセイバー マスター 深串

樹木・環境ネットワーク協会では、今後もこうした活動を行っていきます。

 

« 小笠原特集② 2019年3月11日、父島に到着。 大神山遊歩道で優先樹種を観察 | トップページ | 小笠原特集③ 小笠原・父島、母島観察旅行3日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小笠原特集② 2019年3月11日、父島に到着。 大神山遊歩道で優先樹種を観察 | トップページ | 小笠原特集③ 小笠原・父島、母島観察旅行3日目 »