無料ブログはココログ

« 10/27定例活動報告@TAMAZO | トップページ | ローソン緑の募金「活樹祭 親子森林教室in沖縄名護市」 »

2019.11.05

11/2定例活動報告@おぐらの森

秋の暖かな日差しに恵まれた先週土曜日、
おぐらの森での定例活動を行いました!

20191102_102004

大雨と台風が直撃したおぐらの森での
活動内容のご報告です。

この日の参加者はいつものボランティアメンバーの方々5名、一般参加者3名、私含めて9名での作業になりました。

おぐらで長く活動するメンバーもびっくりしていたのですが、憩いの広場を含めて、フィールドのおよそ半分はこの有様。

Received_404163616918418

これは先月25日の大雨の影響です。
1週間たっても深いところでは膝下まで、水が引かずに残っていました。

また、千葉市にあるおぐらの森は、台風15号・19号の被害を受け、多くの木が折れてしまいました。

Received_945901379122725

このような折れてぶらさがってしまっている木が沢山あります。

そんなおぐらの森での活動は何より倒木と、折れ枝の処理。
そして沢山ある、落下枝の切断。

この日は浸水をしていない入口付近で作業を行いました。

20191102_100813

登ったり、引っ張ったり。
ひっかかってしまっているので、流石のボランティアメンバーでも枝を落とすのに一苦労。

一方で、今日はじめての参加者は、のこぎりの使い方を教わって、枝をこまかく切っていきます。

20191102111631

こうして小さくした枝で粗朶垣(そだがき)を作り、
荒れてしまった森を綺麗にしていきます。

粗朶垣は冬、虫の暖かい住処になるほか、
昔は火を炊く際にも、ここから取って使われていました。

20191102111658

切って、拾って、集めて、切って、、
繰り返して、少しずつ森がきれいになっていきます。

20191102133046

こちらは、私や一般参加者で作った粗朶垣。
ひとつ前の名人の粗朶垣に比べると、隙間が目立ちますね。

「子どもの頃の仕事だったからなあ」
というボランティアメンバーに、いつもの事ですが、
若い衆は尊敬の念を深めてしまいます。

そしてまた、おぐらの森の方々は
こんな状況でも、しっかり秋の森を楽しませてました。

このブログで秋の森、といえば。。。。

はい、そうです!

Received_413767462654393

この秋初!の焼き芋。
まさか焼き芋ができるなんて!と感激していると、更に、

Received_437812350208181

おぐらの森で育てた手のひらより大きいしいたけも!

火を通し、試食をしました^^

森で食べるホカホカの焼き芋と
プリプリのしいたけは
何とも特別なおいしさを秘めている気がします。


おぐらの森はもともと明るいのですが、
更に広くなった空から、明るい陽射しがさしています。

20191102_101048

台風によって開いた空、「ギャップ」は、陽光を呼び込むことで、生物の多様性を増す役割があります。

はやく倒木処理が終わり、安全で綺麗な森に戻りますように。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
千葉おぐらの森の活動にはどなたでも参加できます。
詳しくはこちら、または東京事務局までお問い合わせください。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

次回の活動日は11月21日の木曜日です。
ご参加お待ちしております。


ありがとうございました!
(事務局 八代)

« 10/27定例活動報告@TAMAZO | トップページ | ローソン緑の募金「活樹祭 親子森林教室in沖縄名護市」 »

◎千葉おぐらの森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10/27定例活動報告@TAMAZO | トップページ | ローソン緑の募金「活樹祭 親子森林教室in沖縄名護市」 »