無料ブログはココログ

◎TAMAZO(多摩動物公園)

2017.01.11

2016/12/24・2017/1/8 TAMAZO定例活動報告

15894981_1011176202320625_427987397

2016年12月24日(日)と2017年1月8日(日)に行われたTAMAZO(多摩動物公園の雑木林)の定例保全活動報告です。

写真はグリーンセイバーのデウイット真子さんにご提供いただきました。

〈デウィットさんコメント〉
多摩動物公園内は丘陵地ゆえ、階段を作っています。今は落ち葉と笹で見えなくなり危ないので、手入れをしました。すると支え木から新芽が! イヌツゲでしょうか。(クロガネモチ?)強いなぁ!

続きを読む "2016/12/24・2017/1/8 TAMAZO定例活動報告" »

2016.12.02

MOTTAINAI×TAMAZO 森づくりプロジェクト

11月27日(日)、多摩動物公園にて

『MOTTAINAI×TAMAZO 森づくりプロジェクト』が行われました.。

伊藤忠グループをはじめとする企業の社員とその家族、一般参加の皆さま64人が参加してくださいました。






ライオンの森の中では、ササ刈りなどの里山整備活動やカブトムシの幼虫の引越作業を行いました。



1

Dsc06038




初は大きなカブトムシの幼虫におっかなびっくりだった子どもたちも、帰る頃にはみんなが幼虫に触れるようになっていました。




カブトムシの幼虫に関する簡単なクイズも行い、楽しくカブトムシや里山について学ぶことができたようです。

Rimg5146

多摩動物公園内を周る秋探しでは、



・大きくてきれいなドングリをひとつ持ってくる

・ワークシートに、紅葉している葉っぱや小さな葉っぱ、ギザギザした葉っぱを貼る

Rimg5129

Pb270017

というお題が出され、大人も子どもも動物そっちのけでドングリや落ち葉探しを楽しんでいたようです。

Rimg5141






また最後には表彰式が行われ、「どんぐり大賞」や「きれいな葉っぱ賞」「笹狩りきれいで賞」「チームワーク賞」などたくさんの参加者の皆さまが受賞し、大盛り上がりを見せました。




Pb270043





参加者の皆さまからは、来年もぜひ参加したいとか、お子さんが活動後も木や葉っぱなどの自然に興味を示すようになったなど、嬉しいお声もいただいています。

2016.06.24

2016/6/4 TAMAZO保全活動 with 新生フィナンシャル

13432165_740183656085172_5940865434

6月4日(土)多摩動物公園雑木林(TAMAZO)にて、新生フィナンシャルの社員やご家族の皆さまと里山整備活動を行いました。

続きを読む "2016/6/4 TAMAZO保全活動 with 新生フィナンシャル" »

2016.05.18

2016/5/15 子どもワクワクプロジェクト「ちょーすごい土のひみつ」

_13238865_727704197333118_922010868

5/15 多摩動物公園内雑木林 ライオンの森で、子ども向けの体験プログラム「ちょーすごい土のひみつ」を行いました。

続きを読む "2016/5/15 子どもワクワクプロジェクト「ちょーすごい土のひみつ」" »

2016.04.27

2016/4/16 凸版印刷 「生き物が多様な森をつくろう!」イベント@TAMAZO

13043406_719158281521043_3518616973

4月16日(土)、多摩動物公園雑木林(TAMAZO)にて、 凸版印刷の社員やご家族の皆さんと一緒に、 「生き物が多様な森をつくろう!」イベントを行いました。

続きを読む "2016/4/16 凸版印刷 「生き物が多様な森をつくろう!」イベント@TAMAZO" »

2016.02.19

2016/2/6 新生フィナンシャル里山整備活動

12742528_688064277963777_29856226_3

2月6日(土)多摩動物公園雑木林 (TAMAZO)にて、
新生フィナンシャルの社員やご家族の皆さまと、里山整備活動を行いました。

続きを読む "2016/2/6 新生フィナンシャル里山整備活動" »

2015.06.17

6/14 TAMAZO 定例活動報告

Tamazo_dsc04408

6月14日(日)、多摩動物公園の雑木林「TAMAZO」で定例保全活動を行いました。

続きを読む "6/14 TAMAZO 定例活動報告" »

2015.05.25

5/24 前田建設工業「どんぐり学習会 春」 in TAMAZO

Maeda11164769_600151170088422_54101

5月24日(日)、前田建設工業(株)の社員やご家族の皆さんと、
多摩動物公園雑木林TAMAZOにて、「どんぐり学習会 春」を行いました。

続きを読む "5/24 前田建設工業「どんぐり学習会 春」 in TAMAZO" »

2015.02.20

「100冊の絵本に出会う自然体験展」について

100

「100冊の絵本に出会う自然体験展」は、絵本を入り口にした

幼児向けの自然体験プログラムです。

続きを読む "「100冊の絵本に出会う自然体験展」について" »

2015.01.21

日本のワイルド・アニマル

11/30 少しアップが遅くなってしまいましたが

「日本のワイルド・アニマル」の様子の報告です。

Unnamed_9

今回のテーマは「日本のワイルド・アニマル」

日本に生息する哺乳類を観察しました。手のひらサイズのモグラから、

食物連鎖の頂点に君臨するオオカミ

(実は野生では既に絶滅が噂される幻の存在。どうして多摩動物園にいるのでしょう?)

まで、グリーンセイバーであり「多摩川自然めぐりの」の著作でもある

自然観察のスペシャリスト藤原さんを

始め5名の生き物好きのグリーンセーバーがじっくり解説しました。

Unnamed_8

(イノシシ観察中)

大きなイノシシの鼻はイヌと同等の嗅覚があります。

数十キロの石なら鼻先でフンっと動かし、

地中に埋まっている食べものを嗅ぎ分けます。

Unnamed_5

(解説の後の観察タイム)

Unnamed

(リーダーの解説を聞く参加者の皆さん)

Unnamed_7

(同じくリーダーによるムササビの飛び方解説)


身体の大きな飛膜を使って一度に40~50メートルも飛翔する仕組みを、

ぬいぐるみを使って説明します。

動物園では檻に入っているため見ることができませんが、
高尾山では観察できる機会があるそうです。見てみたいですね。

Unnamed_2

最後はオオカミ。実は多摩動物園にいるのはタイリクオオカミ。

日本固有の日本オオカミは明治時代に絶滅してしまったとされています。

理由はイヌからの伝染病説、オオカミの餌となるシカやイノシシの乱獲で数が減った説、

開拓による家畜を守るために駆除された説などがあります。

しかしオオカミは古くは田畑を荒らす害獣(イノシシ、シカ、ウサギ、タヌキなど)

を食べて退治してくれる「神獣」として人々から崇められる存在でした。

秩父の三峰神社はオオカミ信仰の神社として、

今も深山幽谷の社に大神(オオカミ)を祀っています。



今回の主要観察テーマは「食物連鎖の理解」でした。

森の落ち葉をミミズが食べ、そのミミズをモグラやネズミが食べる。

森のタヌキのごちそうはドングリや木の実。

シカは早春の木々の新芽が大好物。

そんなシカやタヌキを狙う肉食獣オオカミ。

循環する、森の中の命のやり取りです。


一つが欠けると全体が崩れてしまうことを

二ホンオオカミの絶滅は教えてくれるように思います。



動物園といえば普段はキリンやトラに見入ってしまうところをですが、

様々な日本の哺乳類を観察することで、

参加者の皆さんは多様な命が私たちの周りをとりまいていることを実感し、

生き物への関心を更に高めていただいた様子でした。