無料ブログはココログ

里山ゲーム

2016.12.26

2016/12/18 ぼくらの里山生きものゲーム八郎湖版検討会

Akita15542362_1794378484159398_1219

12月18日(日)、「ぼくらの里山生きものゲーム 体験&八郎湖版検討会(その1)」に
事務局の後藤洋一が講師として参加させていただきました。

続きを読む "2016/12/18 ぼくらの里山生きものゲーム八郎湖版検討会" »

2013.12.03

桜川中学校 第一回出前授業!

1129日金曜日、板橋区立桜川中学校の一年生を対象に、出前講義と里山ゲームを行ってきました。

 

 

 

最初の講義では里山に関する基礎知識をレクチャーしました。

 

ちゃんと聴いてくれている生徒さんが多く、やりやすかったです。

 

 

 

講義の後は、中学生にとってお待ちかねの里山ゲームをやりました。

「つぎはどの作業をやればいいのかな?」と生徒さん同士で相談しながら進めていて、考えながらゲームを楽しんでいる様子が伝わってきました。

 

Dsc08819

 

 

 

(アオダイショウの抜け殻を持参していたGSの井上さん)

Dsc06006

 

 

生徒さんは飲み込みが早く、早々にすべての指標種を復活させている班もありました。

中学生、恐るべし…!

Dsc06002

 

 

里山ゲームが終わったあとは、ワークシートを使いながら各班で振り返りを行いました。


ゲームのときにはゲームのことだけに集中していた生徒さんも、ワークシートの設問に取り組みながら、里山の生き物同士のつながりについて考えてくれたようです。

Dsc06004_2

 

 

 

班で振り返りをした後は、クラス内で意見の共有を行いました。


 

班によっていろいろな意見が出ていて、聴いているこちらも勉強になりました。

次回以降も、中学生から「気づき」を引き出せるよう、サポートしていければいいなと思います。

 

 

 

最後になってしまいましたが、お忙しい中参加してくださったリーダーのみなさま、おつかれさまでした!

次回以降もよろしくお願いします。



(文:インターン 大櫛)

2013.02.27

里山ゲームと葉っぱCafé Ver.2

2/26 丸の内さえずり館ネイチャーセミナー
里山ゲームと葉っぱCafé Ver.2」を行いました!


1~2月の企画展示「暮らしの中で、自然とつながる99の方法」の最後のセミナーです。

里山ゲームというのは、樹木・環境ネットワーク協会で開発した学習ツール


「ぼくらの里山いきものゲーム」のこと。

今回のセミナーは、この学習ツールの体験会でもあります。


Dsc05366

葉っぱCafé は、今回で2回目。

身近な葉っぱを簡単な方法でお茶にして利き茶を楽しんでいただきました。

Dsc05374


葉っぱによって、こんなにも香りと味が違うのか!と驚いた様子でした。



身近な葉っぱに親しんでもらったら、里山についての学習のお時間です!

Dsc05376

プレゼンテーションで、里山とはどんなところなのか、里山の魅力、現状

そして、ボランティアの役割について、語らせていただきました。



里山についての共通の認識を得てもらったあとは、

里山ゲームの体験会です!

Dsc05377

この日は、お子様も参加して、里山ゲームに挑戦です。


Dsc05385

グループ毎に、様々な進み方をしているようです。

目標までなかなか達成できないチーム

すぐに目標を達成できたチーム

なにが違ったのでしょうか!?


Dsc05386


それぞれ、里山に住む生きものについて考えながら進め

いろんな発見をしているようです。


参加者の方からはこんな声も聞けました。

「子どもでも楽しく生きものや自然について学ぶことができるとても楽しいゲームでした」

「実際に保全作業に取り組んでいて、そこで経験したことに近いことがゲームでも体験できた」

「一つの種類だけ守ろうとするのではなく、いろんな生きものが住める環境をつくることが大切なのだと感じた」


ぼくらの里山いきものゲームは、楽しみながら生きものや里山について学べる有効なツールだと、改めて感じました。

今回参加いただいたみなさま、ありがとうございました!


※「ぼくらの里山いきものゲーム」について詳しくはこちら
http://www.shu.or.jp/satoiki/



1~2月の期間、行ってきた企画展示

暮らしの中で、自然とつながる99の方法」も、27日で最終日を迎えます。

展示してくださったさえずり館の皆様ありがとうございました!


長い期間だと思っていましたがほんとにあっという間でした。


次回もまたどこかで展示を行う可能性もあるので、

その際は是非足をお運びください。

2012.04.11

【里山セミナー】4/19 「ぼくらの里山いきものゲーム」で学ぶ自然の手入れ

4/19 丸の内さえずり館にて、
『「ぼくらの里山いきものゲーム」で学ぶ自然の手入れ』
里山セミナーを行います!

場所:丸の内さえずり館(有楽町駅徒歩2分)
時間:18:30~20:00 の90分 参加費300円


里山学習の新たな視点で制作した「ぼくらの里山・生きものゲーム」。
自然管理の意義や生きものが増える喜び、人が身近な自然に手を入れる面白さなど、遊びを通して体験します。学生や教員にもお勧め講座です。

仕事終わりの時間を有意義に過ごしてみませんか

この機会に、是非、お越しください。

お申込みは、当会 東京事務局まで

詳細>>>http://www.shu.or.jp/satoiki/seminar.html

ぼくらの里山・いきものゲームについてはこちら>>>http://www.shu.or.jp/satoiki/

2012.02.22

ぼくらの里山・いきものゲーム体験会

昨日(2/21) 「ぼくらの里山・いきものゲーム」体験会を行いました!(聚の会員さん対象でした)
詳細はこちら!>>ホームページへ

場所は、東京事務局
参加者 12名

ほど広くない事務室で行ったので、ちょうどいい人数です。
2グループに分かれてそれぞれゲームを進めました。

秋元さんのルール説明につづき、
はじまりの話(ホームページ参照)で、世界観をイメージ後、実際に体験!


それぞれ、ゲンジボタルとフクロウを目指して里山作業開始です!
Dsc03772

目指す生きものがどうしたら復活するのか、グループで作戦を立てながら作業を進めます。
Dsc03777
なかなかスムーズにいかないのも、ゲームの醍醐味です。
今回は、フクロウチームが先に復活することができました!

Dsc03774
ゲームが終わったら、気づいたことや感じたことを共有すると学びも深まります。

今回の体験会を通して、大人でも十分に楽しみながら、里山で行われる作業や生きもののつながりを学ぶことができることがわかりました!

終わった後も、ゲームの発展性や工夫についていろんな意見もでてきたり、話題がつきませんでした。
有意義な体験会になったと思います。今回参加いただいた皆様、ありがとうございました!

■アンケートから(抜粋)
・目標を決めて、それに合った作業を地道に行う重要性を感じた。
・子どもたちにフィールドへ入ってもらう前の事前学習として使える。
・作業と復活させたい生きものの関係がゲームを通して自然とわかるとことがすごい
・チームで盛り上がる!


次回は、3/7 京エコロジーセンターにて行います。
ご都合のいいかたはご参加ください!

詳しくはこちら>セミナー予定一覧